ウォーターサーバーの種類って?

給水ボトルの方式により種類が分かれる


ウォーターサーバーを利用する際には、給水ボトルとしてリターナブルボトルを採用した方式と、ワンウェイボトルを採用した方式のどちらかを選んで契約することになります。ウォーターサーバーが登場した当初は、オフィスや店舗での利用が多かったので、リターナブルボトルに入り込む空気中に含まれる雑菌については気にする必要がありませんでした。なぜなら、セットしたボトルを飲む人の数が多いので、日を跨がずにすぐにボトルが空になることも珍しくなかったからです。しかし、家庭内で利用する際には、12リットルのリターナブルボトルでは使い切るまでに日数がかかるので、ウォーターパックを採用したワンウェイボトルの安全性が着目されて、近年はワンウェイボトルが中心となっています。

ボトル式だけでなく水道管直結型が登場しています


ウォーターサーバーを利用する場合、ウォーターパックの選択次第で、天然水と濾過水を選んでその日の気分により利用することが出来ます。しかし、天然水利用を行わずに濾過水のみを使うのであれば、ウォーターパック方式に拘る必要はありません。なぜなら、ウォーターサーバーを月額4000円前後の価格で逆浸透膜濾過方式を採用したウォーターサーバーを水道管直結型で利用すれば、定額制でウォーターサーバーが利用出来ます。ウォーターパックの配送料を含んだ利用金額を支払う必要が無く、水道水を強力に濾過出来るので、水道管直結型ならばウォーターサーバーの利用量が多くても料金を気にする必要が無くなるわけです。家族の健康を考えると、気兼ねなく使える水道管直結型のウォーターサーバーがこれからも増えて行くでしょう。

ウォーターサーバーの価格は、取扱業者が定める基準によって大きな違いがありますが、将来的にかかる費用をなるべく少なくしたい場合には、ランニングコストに注目をしながら業者選びをすることが重要です。